2012年08月23日

韓国による親書返送


友好国の間では今まで聞いたことがない・・・・

まだ、んなこと言うてるんや。。。
友好国なわけあらへんやん!!


韓国の外交通商省が野田佳彦首相による
韓国の李明博大統領宛ての親書を
送り返すという行為に出たことについて、
日本政府は
「友好国の間では今まで聞いたことがない」(外務省幹部)
と反発している。
韓国側には島根県・竹島の領有権に関する
国際司法裁判所(ICJ)への付託を求める
口上書がすでに渡っているため、
日本政府は引き続き単独提訴も視野に
国際社会に正当性を主張する方針だ。

親書返送という非礼な対応について、
政府高官は
「韓国国内はそういう雰囲気なんだろう」
と語った。

日本政府は再び親書を送付することはしないものの、
韓国に対する抗議姿勢をさらに強める構えだ。
玄葉光一郎外相が民主党政権の閣僚として
初めて竹島について
「不法占拠」
と表現したのもその一環だ。

政府は韓国側の反発に配慮して
「不法占拠」
という表現を控えていたが、
大統領の竹島上陸を受けて方針転換した。
首相官邸と外務省が調整した上で、
国会答弁では
「不法占拠」
という表現を使うことになった。


竹島 [単行本] / 門井 慶喜 (著); 実業之日本社 (刊)
竹島 [単行本] / 門井 慶喜 (著); 実業之日本社 (刊)
posted by Katsuya at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。