2012年08月27日

広東の企業幹部が「尖閣諸島は日本領土」


根拠を示せば、冷静に判断できる方が
中国にも居ることが分かって安心しました。。。
でも中国人は、日本は中国から漢字を盗んだっ!!
なんてこという人々が大半。。。
んな国で、尖閣はやっぱ日本の物!!。。。なんて、つぶやいて大丈夫なん??


中国広東省の民間企業幹部が24日、
中国版ツイッター「微博」で
「1949年から71年まで中国政府は
釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」
と異例の発言をした。
日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、
人民日報の記事や、複数の公式地図など
根拠を挙げている。
微博では中国国内からの感情的な反論に加え、
「知識のない大衆が中国共産党に
踊らされたことが分かった」
などと賛同する見方も広がっている。

発言をしたのは同省広州の
電子サービス企業、広東捷盈電子科技の
取締役会副主席との肩書を持つ女性の林凡氏。
林氏は微博の運営会社、新浪微博から
「実名」の認証を受けており、
10万人以上の読者をもつ。

林氏の資料によると、人民日報は
53年1月8日付の紙面に掲載した記事で
「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、
尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」
と表記していた。
中国当局が監修した53年、58年、60年、67年に
発行した地図の画像も示したが、
その多くが「尖閣群島」「魚釣島」などと表記。
日中境界線も明らかに日本領土を示している。

林氏は冷静に証拠を積み重ねた上で
「中国政府はこれでも釣魚島は
われわれの領土だといえるのか」
と疑問を投げかけた。
中国国内からの反応には、
「資料をみて(尖閣諸島が)日本領だったことが
明白に分かった」
「(当局に)タダで使われて
反日デモを行う連中には困る」
などと、林氏支持の発言が出ている。

一方、25、26の両日も、尖閣諸島の問題を巡る
反日デモが、四川省南充や浙江省諸曁、
広東省東莞、海南省海口など、
地方都市で呼びかけられており、
混乱は今後も続きそうだ。


中国はなぜ尖閣を取りに来るのか [単行本] / 藤岡 信勝, 加瀬 英明 (編集); 自由社 (刊)
中国はなぜ尖閣を取りに来るのか [単行本] / 藤岡 信勝, 加瀬 英明 (編集); 自由社 (刊)
posted by Katsuya at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。