2012年09月11日

谷垣氏が不出馬表明


あまりパッとしない方でしたが、
こないな扱い方されてるの見たら、
ほんま気の毒に思えてきました。。。。

ほんま、中継ぎご苦労さま!!


自民党の谷垣禎一総裁(67)は10日午前、
党本部で緊急会見し、
自身の任期満了に伴う
党総裁選(14日告示、26日投開票)について、
出馬を断念する考えを表明した。

谷垣氏は、石原伸晃幹事長(55)の出馬を念頭に
「執行部の中から2人が立候補するのは好ましくない」
と理由を説明。
谷垣氏の不出馬を受け、石原伸晃幹事長(55)は
11日にも正式に出馬表明する予定。

一方、石破茂前政調会長(55)は同日午前、
国会内で記者会見し、
党総裁選(14日告示、26日投開票)への
立候補を正式に表明した。
出馬表明は町村信孝元官房長官(67)に続き
2人目となる。

石破氏は出馬表明に先立ち、
国会内で自身を支持する中堅・若手議員から
総裁選に出馬するよう要請を受けた。
これに対し、石破氏は
「私利私欲、私情を捨て
この思いに応える責任を感じる」
と答えた。
これまで石破氏は全国行脚を重ねており、
地方票を多く獲得するとみられている。

また、石破氏は乱立情勢を踏まえて
決選投票を視野に入れ、
出馬に意欲を示す安倍晋三元首相(57)との
連携を強めたい考えだ。
総裁選は1回目の投票で過半数を得る
候補がいなければ、上位2人の決選投票となる。

安倍氏も12日表明の方向で調整中だ。
町村氏は10日午前、衆参の議員会館で
党所属国会議員へのあいさつ回りを開始した。

自民党総裁選にはこのほか、
林芳正政調会長代理(51)も
立候補の意向を示している。


戦国自民党50年史 権力闘争史
戦国自民党50年史 権力闘争史
posted by Katsuya at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。