2012年10月05日

強姦未遂の同志社大生、ツイッターで性豪自慢

こんな奴、虚勢するしかないでしょう。。。


22歳の女性を自宅に連れ込み
乱暴しようとしたとして、
京都府警上京署は4日までに、
強姦未遂の疑いで、
京都市上京区元福大明神町の同志社大2年、
平隆久(ひら・たかひさ)容疑者(21)を逮捕した。
面識のない女性に声をかけて、
自宅マンションに無理やり連れ込み、
乱暴しようとしたという。
平容疑者は
「性行為をしたいと思った」
と容疑を認めている。

街なかで見かけた女性に強姦しようとして
逮捕された同志社大生が、
自身のものとみられるツイッターに
その"戦果"を書き込んでいた。
「2012年9月30日現在301人斬り
/卒業までに1000人斬りや」
など、まさにやりたい放題、書きたい放題だ。

逮捕容疑は、8月9日午後11時半ごろ、
帰宅途中のエステティシャンの女性に声をかけて、
自身の自宅マンションに無理やり連れ込んで、
乱暴しようとした疑い。

上京署によると、自転車をこいでいた平容疑者が、
同じくペダルをこいで
帰路を急いでいた女性に目を付けた。
近づいて自転車を併走させながら
「遊ぼう」
などと声をかけたという。
女性は無視したが、平容疑者が
腕をつかんだため転びそうになり、
自転車を下りて歩き出した。
すると、平容疑者も自転車を下りて並んで歩き、
女性の手をつかみ、肩を抱き始めた。

歩きながらしばらく押し問答が続いたが、
平容疑者のマンション前まで来ると、
突然腕をつかんで1階の自室のワンルームへ。
女性をベッドに座らせるとすぐに押し倒し、
馬乗りになって上半身の服を脱がせたという。
さらにズボンを脱がせようとしたものの、
手間取った隙に、女性はなんとか逃げ出した。

翌10日、女性は同署に被害届を提出。
犯行場所が自宅マンションだったことに加え、
目撃情報などから平容疑者が浮上した。
平容疑者は容疑を認め
「女性をみつけ、性行為をしたいと思った」
と供述しているという。

平容疑者のものとみられる短文投稿サイト、
ツイッターには
「セックスすき/卒業までに1000人斬りや
/目指せ加藤鷹(有名AV男優)」
などと、自身の"性豪"ぶりを自慢する
文章が頻繁に書き込まれていた。

しかし、自身の欲望のままに
女性を襲う行為は言語道断。その罪は重い。


性犯罪者から子どもを守る メーガン法の可能性
性犯罪者から子どもを守る メーガン法の可能性
posted by Katsuya at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。