2012年10月22日

炭素繊維でがん死滅


炭素繊維を使ってがん細胞を死滅!!

近頃の京大はもう凄いニュースを連発してますね!


京都大物質−細胞統合システム拠点(iCeMS)の
村上達也助教らのグループは19日、
新素材として注目されている
炭素繊維「カーボンナノチューブ」
を使って活性酸素を発生させ、
がん細胞を死滅させることに成功したと発表した。
近日中に、米化学会誌に掲載する。
新たながん治療方法の開発に
つながることが期待されるという。

グループは、カーボンナノチューブに
光を当てると、熱と生物にとって有毒な
活性酸素が発生することに着目。
カーボンナノチューブに、
善玉コレステロールを加えることで
水中で拡散させることに成功し、
その溶液を培養皿に取り出した
ヒトの肺がん細胞にかけた。
さらに近赤外線を10分間当て、
熱と活性酸素を発生させると、
24時間後にはがん細胞の45%が死滅したという。

人体への影響などは分かっておらず、
実用化には課題も多いが、
新たながん治療法の開発につながると期待される。
村上助教は
「熱と活性酸素の両方で
がん細胞を死滅させている点が珍しい」
と話している。


図解 がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと
図解 がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと
posted by Katsuya at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。