2007年10月19日

朝青龍再来日は九州場所後…左足首ねんざ治療

日本相撲協会から2場所出場停止などの処分を受け、
故郷モンゴルで療養している横綱朝青龍(27)
の再来日について、師匠の高砂親方(51)=元大関=
は18日、11月の九州場所の後になることを明らかにした。
当初は九州場所の番付が発表される今月29日までに
日本へ戻る見通しだったが、
再来日は最速で九州場所千秋楽翌日の11月26日となる。

高砂親方によると、ホジルトの温泉施設での治療を終えた
朝青龍は9日からウランバートルでトレーニングを開始したが、
体づくりの一環で行ったモンゴル相撲で左足首をねんざした。
左ひじの回復も遅れており、
以前滞在していたハラホリンの保養施設に戻り、
再びホジルトで温泉治療を開始するという。

全文 ⇒ iZaスポーツニュース

亀田親子の騒動で
すっかり話題に上ってこなかった朝青龍ですが…
この騒動に紛れて帰ってくるもんと思ってましたが、
九州場所後に帰ってくるんですね!

謹慎処分は一体どうなったんでしょうか?
posted by Katsuya at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61392487

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。